写真の君に思いを馳せて

未分類
01 /27 2017
よたろうハウスへようこそ

僕よたろう
みんな同じ様に時は流れるですよ 



よたろうママです
人間もワンコも猫ちゃんも 
すべての命あるものには最期がやって来ます
その迎え方はそれぞれ
私はこの歳になれば、祖父母、父、知り合い見送って来ました
人間の場合は寿命が長い事もあるけれど
それぞれの歩いた道の延長線上に、ある程度生き方も反映され
覚悟も受け止め方も自分なりにする事が出来ます
でもワンコや猫ちゃんは自分で治療を選ぶ事が出来ないので 
飼い主さんが良かれと点滴や入院を選択します
ワンコや猫ちゃんは飼い主さんから離れる事
いつものお部屋から離れる事はストレスになるでしょう
最善の治療をしても小さな体、急変してしまう事も
そして最期を迎えると、誰でも後悔するでしょう
小さなお友達の飼い主さんも 
もっと長く生きられたのでは
もっとかまってあげれば良かった
もっと撫でてあげれば良かった
もっと話しかけてあげれば良かった
 と
私は知っていますよ 
あなたが保護犬ちゃん保護猫ちゃんの事をいっぱい愛して
慢性腎不全の末期と言われてもあきらめずに
病気の事治療の事薬の事、一生懸命していた事
私は思うのです 
ワンちゃん猫ちゃん達は生きた年数よりも
寄り添ってくれる飼い主さんとの1日1日が
幸せだと思ってくれていると
1月26日 0:03   
写真でしか会った事無かったけれど
ご縁があって知り合いになった小さなお友達が虹の橋へ
猫ちゃんはあなたが一番大好きでしたよ
やすらかにお眠りください 

よたにポチッとよろしく  (^^)/
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
遊びに来てくださってありがとう、みんな元気で

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

おはようございます

ブログで交流のあった方のにゃんこちゃんが
虹の橋の住人になったんですね
生きているもの全てにいつかはやってくる
死という別れ・・私も沢山の別れを経験して
来ましたが別れのあとは後悔することも
ありましたよ

でも・・その時出来ることはしたはずと
今では思えるようになりましたよ
お別れしたばかりで後悔することも
あるかもしれないですがきっとにゃんこちゃんは
幸せだったんじゃないかなぁ??と
ママさんの記事を観て思いました(〃^ー^〃)

虹の橋で元気に過ごしてくれることと
ご冥福をお祈り致します。


No title

まずは
小さなお友達ちゃんの
ご冥福をお祈り申し上げます

どんなに看病してもなくなった時に
これで良かったのだろうかと
きっと思うと思います
ちょこらが我が家では初代なんで
まだまだ考えたくないけどいつか来る日です
そのためには高齢になってきている私たち夫婦
元気で暮らさねば

No title

おはようっ
お友達のニャンコちゃん、
お空にお引越しされたんですね。
なんていったら良いのか」よくわからないけれど、
そのお友達と出会えたニャンコちゃんは、
その間、きっと幸せだったんだと思う。

もっとあんなことを・・・っていうのは、
きっとどの飼い主さんも思うことなんじゃないのかな?
私も未だにびびの事を思うと、
もっとああしてあげればよかったって後悔ばかりが・・・。
でも、きっとびびが生きていたときは、
私は私なりに精一杯愛して痛んだと思う。
だから、ニャンコちゃんもきっと幸せだったんじゃないかな?って思うよ。

ニャンコちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

No title

小さなお友達のご冥福をお祈りします

そうですよね、後悔というか・・・

本当に幸せだったのだろうか?
飼い主が自分で良かったのだろうか?

とても悩みます。
悩んでも仕方ないことなんですが、
ついつい考えしまいますね。

飼い主さんが1日も早く立ち直れるといいですね。

トト母さんへ

こんにちは(*^-^*)
そうなんです
直接会った事の無い小さなお友達だけど
とても悲しいです
一生懸命された飼い主さんなのに色々な思いがめぐって
後悔したり、、、
そんなに悲しまないで、猫ちゃんは幸せだったよと
伝えたくて記事にしました
悲しみが癒えるには時間がかかるけれど
お家にいる保護っ仔ちゃん達の為にも
元気になって欲しいです
コメントありがとうございました

きりさんへ

こんにちは(*^-^*)
小さなお友達が虹の橋へ旅立つのは悲しいですね
何もしてあげられない私
慰めも無意味な物かと思いながらも
何か伝えたくて書きました
そうね、まずは自分達が元気でいる事が一番大事ですね
そして生きている今可愛い我が仔との時間を大切に過ごしたいです
コメントありがとうございました

空天ままちゃんへ

こんにちは(*^-^*)
お空への引っ越し、今頃は虹の橋から覗いているかなあ
それとも元気で走っているかなあ
一生懸命治療して看病しても後悔はゼロでは無いと知りました
後悔して悲しんでいても猫ちゃんは喜んではいないでしょう
お家にいる仔の為にも元気になってという気持ちです
コメントありがとうございました

龍さんへ

こんにちは(*^-^*)
どんな命でも虹の橋へ旅立ったその時は
悲しみや後悔やたくさんの思いが湧き出るでしょう
一生懸命治療し看病し、飼い主さん以上に出来る人はいなかったと
猫ちゃんもいっぱい愛されて嬉しかったと
そんな気持ちを伝えたくて、、、
小さな命と一緒の私たちはみんな同じ気持ちですよね
コメントありがとうございました

誰かに愛されてるってわかって
旅立っていったんですね。
別れは辛いです。
山猫は後悔しきれないなくし方をした
ワンコがいます。
海にそのワンコの分も長生きして欲しいと
願います。
じぶんが愛されてると感じられる
ワンニャンが増えるといいと思います。
ねぇ、よたろう君。
ママと会えて幸せだね。

山猫さんへ

こんにちは(*^-^*)
我が仔は勿論ですが小さな仔との別れは悲しいです
山猫さんそんな経験があったのですね
どんな関わり方をしていても人間は後悔するものかもしれませんね
でもそんな風に思ってもらった猫ちゃんは幸せだったと思います
いつかはやってくる別れ
よたと今を大切に暮らしていきます
コメントありがとう

No title

小さなお友達ちゃんが、虹の橋を渡っていったんですね。
生きているものは人もどうぶつちゃんにも公平に間違いなく来る別れなんですよね。
もっとしてあげればよかったって思うんでしょうね、でも、愛猫ちゃん、愛犬ちゃんは、飼い主さんと巡り合えて十分幸せだったと思うんです。
愛情かけてあげて、最期を看取ってあげて。
これくらいしたからと言っても、最期を迎えた時には、飼い主さんは、別れがつらくてもっとしてあげればって思うのが本当の気持ちかも知れませんね。
私も、ほとんどの肉親との別れを経験して、もう弟くらいしかいないんです。
肉親との別れはつらかったけど、愛犬を虹の世界へ送った時は、もう立ち上がれないくらいでした。でも犬たちは、幸せでした、ありがとうという、気持ちでいてくれていることを知りました。
愛犬として、我が家に来てくれて、先に虹の世界へ旅立っていった仔、今いる仔に教えられることが沢山あります。
小さなにゃんこちゃんのご冥福をお祈りいたします。

dollさんへ

こんばんは(*^-^*)
毎日人間も動物も数えきれない命が天国に召されるのでしょうが
知り合いの小さな命はとても悲しいです
言葉をかけるしか何も出来ない事はもどかしいです
少しでも良い治療をと一生懸命されたから
少しも後悔するような事は無いのに
やはりその時はみんな思うのですね
それだけ思われて虹の橋に行った猫ちゃんは幸せだったと思います
ほんと我が家に来た純粋な仔に教えられる事たくさんあります
コメントありがとうございました

No title

自分でどうしてほしいか喋れない犬猫の治療をどこまでするか、
飼い主が決めるしかないもんね。
飼い主さんによって、高度な最新治療まですることもあれば、
痛みなどを取るだけの緩和療法を選択する場合も・・・
どういう治療をしたかは、犬猫の幸せにはあまり関係ないような気もする。
それぞれの飼い主さんが、犬猫の幸せを思って悩みぬいて決めるんだもの。
ニンゲンのエゴかもしれないけど、ずっと一緒に暮らしてきた犬猫には
大切にしてるんだよって気持ちは伝わると思う。
少しでも「楽しかったなぁ」って思ってくれるように毎日を過ごしたいね。

雪太郎さんへ

こんばんは(*^-^*)
難しいです
人間でも病院や治療法迷う事もあるのに
話の出来ないワンコにニャンコ
飼い主さんがすべてを背負わないといけない事
私も思うの、治療法や結果はワンコやニャンコにとっては関係なくて
生活の中で一緒にいた月日
それがたとえ短い日々でも一緒にいたと言う事が大切なのだと
そしてワンコやニャンコは飼い主さんが一番大好きなのだと
コメントありがとうございました

よたろうママ

よたろうハウスへようこそ!
2007.4.20頃生まれ、2.6㎏
預けられ預けられ今のおうちにやって来た僕よたろう
2013年の1月壊死性髄膜脳炎と診断され、長生きは出来ないかと思ったけれど今は元気
よたろうとママの生活を記録します