FC2ブログ

過信はいけないヒヤッ

散歩
06 /15 2018
yotatowatasi

いつもの朝の集会の微笑ましい風景
この後ラジオ体操の場所へ移動してワンコ達はお座りや伏せ
その時 ↓ このゴールデンちゃんが道路の方へ向かって走り出し
そんな時み~んなならどうしますか?
勿論追いかけますよね

公園は広いので道路へ出るまでに100m位はある
おかあさん、50m位追いかけた後
ゴールデンちゃんを呼びながら逆向きに離れる
おやつを手に
走り寄るゴールデンちゃん 

DSCN3181.jpg

ボールを投げて持ってこい、おいでのしつけをしているたまもの
いつもはリード踏んでラジオ体操をされているのだけれど
その準備中にふと足を離してしまったとのこと

追いかけたら逃げるから
その逆をするって、いざとなったら出来ないよね
不注意はあったものの冷静な対応に勉強になりました

でもそのおかあさんドキドキだったって

DSCN3095.jpg

ぼくはママから離れないですよ

良い週末を 

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
いつもありがとう
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます(*≧∀≦*)

うちの仔に限って・・や大丈夫だろうは
事故に繋がりかねないですものね
普段から気をつけないと!!
我が家の暴れん坊なら呼び戻しが
出来ないと思うので尚更ですよ
うふふ(o^-^o)よたろう君は
ママさんの側が好きなのね

ちょこらも普段は離れることないけど
大きな音にびっくりしたり
ワンコに反応したりはあるから
要注意だわ
11月に行くんだ
息子ちゃんの所に行くのかなあ
一緒の時期じゃなくて残念

それはそれはどっきりですね。
海もときたまやらかします。
自由を求める男ですから(苦笑)。
よたろう君はママさんから離れないね。
ボタンのお目目がそう言ってる。

おはようっ
その飼い主さん、すごいね。
わたしだったらもう真っ青になって、
追いかけて行っちゃうと思う。
飼い主さんもドキドキだっただろうけど、
どこかに冷静な自分がいて、
逆を突けばいいんだって思っていたのかな?
なんにしても凄いわっ

おはようございます(^-^)
ヒヤッとしますよね。。
無事で良かった!
とっさに機転が利くかどうか
わたしも自信がありません(>_<)
リードは命綱…気を引き締めます!

鍵コメSさんへ

こんにちは(*^-^*)
ありましたか!?
私も思い出しました
もう25年も前の事ですが
実家にいたシーズーのリードを娘が持っていて
猫を見て走り出して、、、どうやって捕まえたか忘れてしまいました
すぐに捕まったのだと
慌てた記憶はあります"(-""-)"
ワンコの性格もありますよね
コメントありがとうございました(^^)/

トト母さんへ

こんにちは(*^-^*)
> うちの仔に限って・・や大丈夫だろうは
それが一番危ないのですよね
何かのきっかけでスイッチが入る事もあるのでしょう
今まで無くても1度でも始まったらもう遅いのですものね
ワンコもパニックになっていたら普段出来ている呼び戻しも
出来るとは限りません
念には念を入れて用心した方がいいですね
よたは私が離れて走って欲しい時もシラーなの
コメントありがとう(^^)/

きりさんへ

こんにちは(*^-^*)
そう、音やその時の状況でびっくりする事あるかもね
よたは体調が悪かった時
(多分じっとしているのが辛かったのかな)
バッグから出ようとしていて
その時はバッグの持ち手にリードを結び付けて気を付けたわ
急に何かあると怖いから気を付けた方がいいよね
コメントありがとう(^^)/

山猫さんへ

こんにちは(*^-^*)
そのゴールデンちゃん、よく冷静に反応したなと感心したわ
小型犬だったらもう突っ走る気がする~
> 自由を求める男ですから(苦笑)。
自由になりたい気持ち分かるわ~
よたは私は離れると、ただボーゼンとしているわ
でも過信はいけないから気を付けるね
コメントありがとう(^^)/

空天ままちゃんへ

こんにちは(*^-^*)
私はその時ラジオ体操をしていて振り返ったら
その飼い主さんが数メートルバックしていたの
そうしたらゴールデンちゃんが走り寄って
良かったーと感動したわ
そう、耳に入っていつもの戻りが出来る仔と出来ない仔いるもんね
すごいね、なるほどと後で話したら
いやもうドキドキだったって
何事も起こらなくて良かったよ
コメントありがとう(^^)/

るぃコハままさんへ

こんにちは(*^-^*)
すぐに大通りなので信号や車を見ずに飛び出したら大変な事になっていたでしょう
その飼い主さんはいつも足元にギュッと引き付けていたのに
どうして走り出してしまったのでしょうね
体は大きいいれどすごく臆病で大人しい仔なのよ
ほんと、そんな状況になって慌てるよりも
ならない様にリードしっかり持っていた方がいいですね
コメントありがとう(^^)/

よたママさん、こんにちは。
まずはゴールデンちゃんが何事もなくて良かったです。
わんこに絶対大丈夫はありませんもんね。音がしたり目の前に虫が飛んできたりするだけでも
いつもと違う行動をとってしまうこともあるようです。
私も以前ぴーちゃんがリードから抜けて猫を追いかけてしまい、近所に響き渡る声で呼び戻したことがあります-.-;;
ゴールデンちゃんと飼い主さんがそんなに強い信頼関係でいるのはうらやましいです^-^

ぽこぽこさんへ

こんにちは(*^-^*)
私はすぐに気づかずにいて、振り返った時
ゴールデンの飼い主さんがバックしていてあれっと
その仔は体は大きいけれど気が小さくて怖がりな仔なの
道路に飛び出す前に呼び戻しが出来てほんと良かったです
人間でもパニックになる事あるから
ワンコもパニックになったら飼い主さんの声が耳に入らなくなるかもですよね
私もずっと昔実家のシーズーのリードを娘が持っていた時
やっぱり猫ちゃんを追いかけて畑の中を走った事を思い出しました
そんな思いは二度としない様に気を付けますね
コメントありがとう(^^)/

こんにちは。
ゴールデンちゃん、無事でよかったね。
クーたんも、大きな音とかしたら、とにかくその場を離れたい!がために、走って行っちゃうと思う。
長く歩くときは、連結出来るリードを肩掛けにして、絶対離れないようにしてる。おやつは持ち歩いてないから、万が一のために、持ってた方がいいのかな。持ってるってわからないように、忍ばせとかないとね。(*^▽^*)v

クーたんママさんへ

こんにちは(*^-^*)
ほんと無事で良かったです
パニックになったら声が耳に入るか疑問だよね
小さなワンコには入らないかも
そのゴールデンちゃんの飼い主さんは、数メートル毎におやつをあげて
自分に感心を向かせる教育しているの
そうだね、何か合ってから慌てても遅いから
やっぱりリードを離してはいけないと言う事ね
そう、リードを2つつける方法もあるんだよね
クーたんは離れないね
コメントありがとう(^^)/

素晴らしい対応❢

よたくん、よたくんのママさん、こんにちは‼
ゴールデンさんの飼い主さん、きちんと躾もされていて、しかも冷静に判断されていらっしゃるところが素晴らしいです。

慌てたら、ついつい走って追いかけてしまいますよね…。
現に、わたしもやってしまったことがあります。(>_<)
自宅のお庭でも、隙あらば脱走しようとするので、今ではリード無しでは危険なのです。

あっ、それから、追いかけるまめ太のおかあさんの方も、走ったら体が悲鳴を上げそうなので危険ですね…。(笑)


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ひゃー、それってゴールデンだから言うこと聞いてくれたってのもあるかもね。
テリア系は何かにロックオンすると、飼い主の顔なんて見ないもの。
あ、よたろうくんはちゃんとママさんの顔見てるから、大丈夫か。
ヤイチロはそのまま走り去るわー。
怖い怖い!

まめ太くんのおかあさんへ

こんばんは(*^-^*)
ゴールデンちゃんの飼い主さんは
すごくピシッとポリシィを持って躾られています
私にはとても真似できないくらいです
なのでこのゴールデンちゃんの場合は追いかけずで良かったんですよね
まめ太くん、お外の世界は広くて走りたくなるよね~
でもお家が一番いいよ
コメントありがとう(^^)/

鍵コメPさんへ

こんばんは(*^-^*)
ほんと広い道路に飛び出さなくて良かったです
実はその後、黒ラブちゃんとポメちゃんも走り出したの
でもそれはゴールデンちゃんのお母さんの元へ
パニックになって走った時は、多分呼ぶ声も耳に入らないかもです
やはり、リードを離さずに!
こんなドキッはいらないですね
コメントありがとうございました(^^)/

雪太郎さんへ

こんばんは(*^-^*)
そうね、多分このゴールデンちゃんだったからだと思う~
いつも飼い主さんの横について歩いて
数メートルごとにおやつを貰っているから
よたがパニックになった事は見た事無いけれど
そうなった時は飼い主さんの声も聞こえないよね
そんな怖い経験せずにしっかりリードを持ちましょう!(笑)
コメントありがとう(^^)/

よたママ

yotatowatasiへようこそ!
2007.4.20頃生まれ、2.6㎏
預けられ預けられ今のおうちにやって来た僕よたろう
2013年の1月壊死性髄膜脳炎と診断され、長生きは出来ないかと思ったけれど元気です。2018年8月に右目、11月に左目の光を失ったけれど、今まで通りの生活を続けているよたとママの記録です。