壊死性髄膜脳炎と診断されたけれど・・・
よたろうハウスへようこそ

僕よたろうです。
僕は今よたろうママと一緒にママのベッドで寝てるよ。
(良く無いって言う人もいるかもしれないけど)

でも最初からじゃないんだ。

ママのお家に来た10月から1月はサ-クルの中だったよ。
すぐに冬になったけど、毛布を入れて貰ってまだサ-クルの中。
お部屋でオチッコ○○○失敗しないから、サ-クルの鍵を掛けないでママ寝たよ。

真っ暗になって見たらママ眠ってた。
すぐ近くのカ-ペットが温かく見えてそっと出てそこで寝たよ。
しばらくして、お昼にゴロンしているソファの上で寝たよ。
それが下の写真。ママは冷蔵庫の向こうの部屋。いつもは開いてるよ。

朝起きて来てママ、やっぱりねって顔してた。
次の日から電気が消えたらサ-クルを抜け出して、ソファの上。
2~3回ママ電気を消して僕が抜け出してから、
電気をつけて「アレッ」って言うんだ。
急いでサ-クルに戻って寝たふりしたよ。

少し我慢して、ママが眠ってからソファで眠ることにした。

1ヶ月位はソファで眠ってたんだけど、
ある日ママのベッドを見たらお布団がすご~く暖かそうに見えた。
すぐに実行に移したよ。ベッドの上に。
ママに気づかれない様に足元で寝たよ。

ある日ベッドに入ったら、ママが電気をつけた。
しまった!ベッドに入るの早かったか、戻るか・・・
とオドオドしてたら、ママが布団を開いて「おいで」と。
それからお布団で一緒に眠る様になった

寒がりな僕よたろう。冬はやっぱお布団の中に限るね
暑い時は布団の上で寝るよ。ママの寝返りを避けながら



何事も努力だね。
でも脳炎の痛みが出た時は、真冬だったけどリビングのフロ-リングの上で。
何も考えられなくて、ママに心配かけたくなくて、離れてた。

そしたらママリビングに布団しいて寝た。
僕が離れてる事に悲しんでた。
寒いだろうからとスト-ブをタイマ-でつけたり消したり。
2ヶ月位は毎日リビングに布団を移動してたよ。重いと言いながら・・・。
薬が効いて調子が良くなったら、布団に近づいて寝た。
1日1日近づいてついに布団の上で。ママ涙を流して喜んでた。

暖かくなったある日、ママがお昼寝でベッドで寝てた時、僕が添い寝してあげたんだ。
そしたらママ「もう夜もベッドで寝られるかな」って
その日から元に戻ってベッドで眠れたんだ。

何でもない日常に一歩近づいた日だったよ。

よたろうのちっちゃな写真にポチッとよろしく  (^^)/
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村 遊びに来てくれてありがとう、みんな元気で
スポンサーサイト

【2013/07/06 15:52】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック