壊死性髄膜脳炎と診断されたけれど・・・
よたろうハウスへようこそ

僕よたろう

ご飯を食べて散歩してお家で眠る
それが幸せ 


P1040217.jpg
P1040218.jpg
悲しいです

よたろうママです。

今日は投稿をお休みしちゃおうと思っていましたが、
空天ままさんのブログで拡散希望がありました。 
とても悲しい現実です。

記事をたどって行きましたら、引受先は決まった様です。
ただ私の理解力では、この拡散希望のワン仔ちゃんなのか、保護犬活動のワン仔ちゃんの事か、はっきりと分かりませんでしたが、念のため載せます。

転載させていただきます。 シ-ズ-5頭放棄

P1040219.jpg
おうちでご飯食べておうちで眠りたいだけです

ワン仔の心の声、あなたに聞こえますか・・・ 

よたろうのちっちゃな写真にポチッとよろしく  (^^)/
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村遊びに来てくださってありがとう、みんな元気で


スポンサーサイト

【2014/04/13 11:45】 | お友達
トラックバック(0) |

No title
トト母
こんにちは~^^

私この拡散希望の記事を墓の方のところで観たんですよ。
でも、詳細がちょっと不明だったのでブログに書かなかったんです

悲しい現実・・ホントその通りですよね。
どうしてこんなひどい事が出来るのかと思うと
憤りを感じます。
捨てられるために生まれてきたわけじゃないのに・・。
命の期限を人間が決めて良いわけじゃないのに・・。

悲しい思いをする仔がいない世の中になってくれることを
願わずにはいられません。

よたろう君はママさんに出会えて幸せですね。
今日はこれから桜和探しに行ってきます^^

トト母さんへ
よたろうママ
こんにちは。
ワン仔達を生み出しているのは人間のはずです。
自分がした事なら最後まで責任を持って面倒を見なければいけません。
可愛いがられる為に生まれて来たはずの命です。
不潔にさらされたり病気になっても診て貰えなかったり、悲しい現実です。
飼う時の心得、または飼う事の出来る資格を厳しくして欲しいです。
桜とトトちゃんの写真楽しみにしていますね。
コメント有難うございました。(^^)/

No title
空天まま
こんにちは
ありがとうございますっ
里親さん、
ぎりぎりになって決まったのかな?
よかった・・・。
でも、現実には助からない命もたくさんあるんだよね。
他の方のブログで昨日もみて、
なんか落ち込んじゃっていたの。
皆がもっと命を大事に考えてくれたらいいのに・・・。

No title
ぽこぽこ
よたろうママさん、こんにちは。

こちらの情報を共有していただいてありがとうございます。
この現実があることは知っていても現実を目の当たりにしないと
やはり何もできないままです。
この事実を知っても、だからと言って自分にできることはごくごく限られてはいるのですが。。
リンクのブログを読み進めると顔を背けたくなるような現実もありますね。
でもそんな過酷な生涯を生きているこんなにも小さな命が沢山いることが事実。
よくこんな扱いができるもんだと、人間にはこんなにも残酷な心があるんだなと辛いのと腹立たしいのとでいっぱいの気持ちです。

ママさんのおっしゃる通り、わんこはご飯を食べてお散歩して安心できるお家で眠る、それだけで幸せなのに、それが叶えられない仔が多くいること。
ブログの中にブローカーから捨てられた仔を保護するのは悪徳ブローカーの助けにもなるんじゃないかと葛藤されながらも活動を続ける保護ボランティアの方々の心境。
お金儲けに目がくらんだ人のためにこんな悲しい現実が止まらない。本当にもうたまらないですね。

長いコメントで失礼しました。ごめんなさい。

No title
クーたんママ
こんにちは。
ショックな話です。鳥肌が立ちました。
ブログ私もたどってみました。引き受け先決まって良かったですね。
ペットブームの今。安易に飼い始める人が多い気がします。
ペットショップで見て、ついつい…なんてことないよう
何かできないのかしらね。というより、人の当たり前のモラルがなくなってきてるのでしょうか…。悲しいですよね。
娘とも話をしたいと思います。そんな大人にならないために。

空天ままさんへ
よたろうママ
こんににちは。
写真のワン仔ちゃん達の目を見ると悲しくなります。
どうして、なぜって。
何も出来ない自分が言う事では無いかもしれないけれど、
そんなワン仔ちゃん達を増やさない方法はと考えます。
可愛いからと安易に買う事の出来ない方法、ペットを商売の目で見る人が売ると言う事を出来ない方法、最後まで責任を持てる人間かどうか分かる方法は無い物でしょうか。
コメント有難うございました。(^^)/

ぽこぽこさんへ
よたろうママ
こんにちは。
そう、ニュ-スで年○○ワンが処分されていると聞いても漠然と可哀そうと思うだけでした。
最近保護活動されている方の記事を見て、そしてワン仔ちゃんの写真を見て、実感が湧く様になりました。
私など何も出来ませんが、少しでも人の目に入るお手伝いが出来たらとリンクを貼らせて頂きました。
ワン仔でも人(たとえば教育産業)でも命とかかわる職業は、利益優先の人が立ち入る場では無い様に出来ない物でしょうか。
切に願います。
コメント有難うございました。(^^)/

ク-たんママさんへ
よたろうママ
こんにちは。
ペットの事だけでは無く、当たり前の事を当たり前に出来ない人間が増えている様に思います。
それは社会のせい?行政のせい?景気のせい?
人のせいにしていても仕方ないので、今目の前にある事をひとつずつ考えて行き、小さな事でも協力出来たらと思います。
コメント有難うございました。(^^)/

管理人のみ閲覧できます
-


鍵コメさんへ
よたろうママ
こんにちは。
ワン仔ちゃんの目、じっと見つめる目。
同じ人間がしている事、情けなく悲しいですね。
心痛めて少しの事しか出来なくてても、その集まりでいつか悲しむワン仔ちゃん達がいなくなる事祈ります。
コメント有難うございました。(^^)/

No title
malin
おはよう。

悲し過ぎる。涙
理由があって放棄したのだろうけど
何を言っても言い訳にしか聞こえないと思う。
ひどいよ。

パピちゃんの可愛い時期より
シニアになってからの方が時間が長い。
安易な気持ちで家族に迎えたらあかんよね。
この手の記事読むといつも頭に来て
倒れそうになる。


malinさんへ
よたろうママ
おはようございま~す。
そんな記事のワン仔ちゃんの写真のつぶらな目が焼き付いて。
同じ人間としてどうしてそんな事が出来るのか、とても悲しいよね。自分には何も出来ないと思っていたけれど、娘や友達にお話しして、少しでも減ってくれる事願います。
コメント有難うございました。(^^)/


管理人のみ閲覧できます
-


鍵コメさんへ
よたろうママ
おはようございます。
私も同じ気持ちです。
行政で未然に防ぐ方法を早急に確立して欲しいです。
コメント有難うございました。(^^)/

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
こんにちは~^^

私この拡散希望の記事を墓の方のところで観たんですよ。
でも、詳細がちょっと不明だったのでブログに書かなかったんです

悲しい現実・・ホントその通りですよね。
どうしてこんなひどい事が出来るのかと思うと
憤りを感じます。
捨てられるために生まれてきたわけじゃないのに・・。
命の期限を人間が決めて良いわけじゃないのに・・。

悲しい思いをする仔がいない世の中になってくれることを
願わずにはいられません。

よたろう君はママさんに出会えて幸せですね。
今日はこれから桜和探しに行ってきます^^
2014/04/13(Sun) 12:17 | URL  | トト母 #-[ 編集]
トト母さんへ
こんにちは。
ワン仔達を生み出しているのは人間のはずです。
自分がした事なら最後まで責任を持って面倒を見なければいけません。
可愛いがられる為に生まれて来たはずの命です。
不潔にさらされたり病気になっても診て貰えなかったり、悲しい現実です。
飼う時の心得、または飼う事の出来る資格を厳しくして欲しいです。
桜とトトちゃんの写真楽しみにしていますね。
コメント有難うございました。(^^)/
2014/04/13(Sun) 13:01 | URL  | よたろうママ #U7DcaKZc[ 編集]
No title
こんにちは
ありがとうございますっ
里親さん、
ぎりぎりになって決まったのかな?
よかった・・・。
でも、現実には助からない命もたくさんあるんだよね。
他の方のブログで昨日もみて、
なんか落ち込んじゃっていたの。
皆がもっと命を大事に考えてくれたらいいのに・・・。
2014/04/13(Sun) 13:57 | URL  | 空天まま #-[ 編集]
No title
よたろうママさん、こんにちは。

こちらの情報を共有していただいてありがとうございます。
この現実があることは知っていても現実を目の当たりにしないと
やはり何もできないままです。
この事実を知っても、だからと言って自分にできることはごくごく限られてはいるのですが。。
リンクのブログを読み進めると顔を背けたくなるような現実もありますね。
でもそんな過酷な生涯を生きているこんなにも小さな命が沢山いることが事実。
よくこんな扱いができるもんだと、人間にはこんなにも残酷な心があるんだなと辛いのと腹立たしいのとでいっぱいの気持ちです。

ママさんのおっしゃる通り、わんこはご飯を食べてお散歩して安心できるお家で眠る、それだけで幸せなのに、それが叶えられない仔が多くいること。
ブログの中にブローカーから捨てられた仔を保護するのは悪徳ブローカーの助けにもなるんじゃないかと葛藤されながらも活動を続ける保護ボランティアの方々の心境。
お金儲けに目がくらんだ人のためにこんな悲しい現実が止まらない。本当にもうたまらないですね。

長いコメントで失礼しました。ごめんなさい。
2014/04/13(Sun) 14:04 | URL  | ぽこぽこ #-[ 編集]
No title
こんにちは。
ショックな話です。鳥肌が立ちました。
ブログ私もたどってみました。引き受け先決まって良かったですね。
ペットブームの今。安易に飼い始める人が多い気がします。
ペットショップで見て、ついつい…なんてことないよう
何かできないのかしらね。というより、人の当たり前のモラルがなくなってきてるのでしょうか…。悲しいですよね。
娘とも話をしたいと思います。そんな大人にならないために。
2014/04/13(Sun) 14:19 | URL  | クーたんママ #-[ 編集]
空天ままさんへ
こんににちは。
写真のワン仔ちゃん達の目を見ると悲しくなります。
どうして、なぜって。
何も出来ない自分が言う事では無いかもしれないけれど、
そんなワン仔ちゃん達を増やさない方法はと考えます。
可愛いからと安易に買う事の出来ない方法、ペットを商売の目で見る人が売ると言う事を出来ない方法、最後まで責任を持てる人間かどうか分かる方法は無い物でしょうか。
コメント有難うございました。(^^)/
2014/04/13(Sun) 14:33 | URL  | よたろうママ #U7DcaKZc[ 編集]
ぽこぽこさんへ
こんにちは。
そう、ニュ-スで年○○ワンが処分されていると聞いても漠然と可哀そうと思うだけでした。
最近保護活動されている方の記事を見て、そしてワン仔ちゃんの写真を見て、実感が湧く様になりました。
私など何も出来ませんが、少しでも人の目に入るお手伝いが出来たらとリンクを貼らせて頂きました。
ワン仔でも人(たとえば教育産業)でも命とかかわる職業は、利益優先の人が立ち入る場では無い様に出来ない物でしょうか。
切に願います。
コメント有難うございました。(^^)/
2014/04/13(Sun) 14:40 | URL  | よたろうママ #U7DcaKZc[ 編集]
ク-たんママさんへ
こんにちは。
ペットの事だけでは無く、当たり前の事を当たり前に出来ない人間が増えている様に思います。
それは社会のせい?行政のせい?景気のせい?
人のせいにしていても仕方ないので、今目の前にある事をひとつずつ考えて行き、小さな事でも協力出来たらと思います。
コメント有難うございました。(^^)/
2014/04/13(Sun) 14:44 | URL  | よたろうママ #U7DcaKZc[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/04/13(Sun) 14:52 |   |  #[ 編集]
鍵コメさんへ
こんにちは。
ワン仔ちゃんの目、じっと見つめる目。
同じ人間がしている事、情けなく悲しいですね。
心痛めて少しの事しか出来なくてても、その集まりでいつか悲しむワン仔ちゃん達がいなくなる事祈ります。
コメント有難うございました。(^^)/
2014/04/13(Sun) 15:10 | URL  | よたろうママ #U7DcaKZc[ 編集]
No title
おはよう。

悲し過ぎる。涙
理由があって放棄したのだろうけど
何を言っても言い訳にしか聞こえないと思う。
ひどいよ。

パピちゃんの可愛い時期より
シニアになってからの方が時間が長い。
安易な気持ちで家族に迎えたらあかんよね。
この手の記事読むといつも頭に来て
倒れそうになる。
2014/04/14(Mon) 05:58 | URL  | malin #-[ 編集]
malinさんへ
おはようございま~す。
そんな記事のワン仔ちゃんの写真のつぶらな目が焼き付いて。
同じ人間としてどうしてそんな事が出来るのか、とても悲しいよね。自分には何も出来ないと思っていたけれど、娘や友達にお話しして、少しでも減ってくれる事願います。
コメント有難うございました。(^^)/
2014/04/14(Mon) 06:16 | URL  | よたろうママ #U7DcaKZc[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/04/14(Mon) 09:27 |   |  #[ 編集]
鍵コメさんへ
おはようございます。
私も同じ気持ちです。
行政で未然に防ぐ方法を早急に確立して欲しいです。
コメント有難うございました。(^^)/
2014/04/14(Mon) 09:32 | URL  | よたろうママ #U7DcaKZc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック