壊死性髄膜脳炎と診断されたけれど・・・
よたろうハウスへようこそ

僕よたろう

ネムネム、ぼくは寝ているふりをして
ママの事じっと見ているよ 



よたろうママです

毎日一緒に出勤するよたと私 
私の隣の事務椅子にベッドを置いて
スヤスヤと
おっとよく見たら薄目を開けて私を見ていました

はいはい、真面目に仕事しますよ

先週考えさせられたネットでの出来事
まさか私の歳になって迷う事が出るなんて

記事を書きながらつくづく言葉って難しいなと
自分の思いがちゃんと伝わるかな・・・

顔を見て話していれば
えっ、なにそれ~ 
となった時
違うよ、そんな意味じゃないよ、こうだよ
って話せるでしょう

でも  や  だと

 えー ウザッ 

 もー イヤッ 

そんな短い絵文字だけで、無視したりいじめ
相手の心を傷つけ、どんどん深みに

感謝の気持ち「ありがとう」「サンキュー」「良かったよ」以外は
顔を見て、目を見てお話ししなければいけないと思った
でももうここまで発達してしまったネット社会
今更そんな事を言っても難しいのでしょう
私も気持ちの行き違いを感じても
電話をかけるのは勇気がいるし 

私は趣味でしているからいつでもやめればいいけれど
子供達は現実社会をネットで渡り歩いている
危険と背中合わせ

そしてふと思ったのは
ブログって自分の事、よたの事
好きな様に書いているけれど
もしかしたら顔の見えない人には 
自慢に聞こえたり鼻についたりしているのだろうか・・・

同じブロガーさんなら
気持ちは分かって貰えていると
優しい言葉に甘えていないだろうか

興味の無い人にはスルーでとお願いしているけれど
それで通用していると思っていいのだろうか

リア友達だと、子供を通してだったり生活環境も近い

ブロ友さんとはラインやコメントやメール
オフ会あるけれど、顔を合わせない人も 
みんな人間出来ていて素敵な人達ばかり

ふと考え出した・・・

娘やチビッコの事書いたら何仲良しごっこ!?
よたの事可愛いと書いたら、大して可愛くも無いのに!?

なんて急に思えてきた 

私は好き勝手につぶやいているけれど
色々な考えの人が私を見ている

記事やコメントで無遠慮な事していないだろうか
ただ書けばいいって物では無いだろうな
もしかしたら傷つけてないかな

それらを冷静に判断し 
すべてを受け止められ飲み込める度量が無ければ
この世界を続けるのは考えた方がいいのかな

長くブログを続けていらっしゃるブロガーさんは
そういうのを乗り越えて書かれているのだろうな

とても便利なネット 
大人の作りだした物で子供を心の闇に落としてはいけない
加害者になった子供も被害者では無いだろうか
せめて親御さんは我が子の事全力で守ってあげて欲しい

私何を書いているのか分からなくなって来た
なんて思いながら

あ・え・て・・・  

興味の無い方はスルーでお願いします 

今日は日曜日、み~んなごゆるりと
コメント欄閉じますね
いつもありがとう 

よたにポチッとよろしく  (^^)/
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
遊びに来てくださってありがとう、みんな元気で

スポンサーサイト

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック