悪意の投稿10代4割(この記事は若い人が見てね)

つぶやき
05 /27 2016
よたろうハウスへようこそ

僕よたろう

ぼくはママとの生活が楽しいから
他のワンちゃんがどんなに可愛い服を着ていても
綺麗なお姉さんと散歩をしていても気にしないよ 

DSCN1197_20160515142958eb9.jpg
DSCN1341.jpg

よたろうママです

あらっ、そこのあなた
「私若い若い」 と見にきてくれてありがとう 

まずは昨年12月22日の中日新聞
春香クリスティーンさんの追っかけ見聞録から抜粋

デンマークのシンクタンクはFBの利用をやめた人は
続けた人と比べて生活への満足感が
高まったとする実験結果を公表した。
研究所は多くの人が他人の素晴らしい経験などの投稿をうらやむ傾向にあるとし、「自分に何が必要かよりも、他人が何を持っているかを気にする様になる」と指摘した

この記事を見て春香クリスティーンさんは私だけではないのだ!
と救われた気分です。と書かれている

SNS、FBやツイッター等々 
何か非常時に知り合いの安否を確認出来たり
災害時に情報を発信したり
共通な趣味の感想を語り合ったりなど
魅力や便利な面がたくさんあります

ただ他人の事を知りすぎてしまって
あの人に比べて私の生活はつまらないとかダメな人間だ
なんて気分になってしまったり 

それは人間なら自然な事
ワンコだって焼きもちやいたりするのですから

それなりの歳を重ねれば私は私と思えるけれど
学校、仕事、友達だけがすべてに思えて
ついついSNSに悪意の投稿をしてしまう事がある様です

気にしない気にしない 

春香クリスティーンさんも言っています
「いいね!」の数はその後の人生にあまり関係ありません。
SNSを見るのが嫌になれば、勇気を出して一回辞めるのも
1つの手ではないでしょうか。
 と

と言うより辞めてみましょう
それで離れていくお友達は本当のお友達では無いでしょうし
SNSをする時間を別の事をしたら
きっと人生経験豊かになるのではないでしょうか

また暇になったらいつでもやれるし
若い頃は暇なんて無いでしょ

私が大丈夫かなと思う事は 
早い年代からスマホやPCの画面を見続けて
将来目や首や肩、神経が大丈夫なのかしら

と50肩の私は思ったのでしたー 
(治ったと思うと朝起きた時首や背中が
寝違えが持病なんてあるのかしら トホホ)

余計なお世話なお話ですのでスルーしてくださいね
それからタイトルの4割は何のテレビ番組で見たのか忘れましたし
その正確性も定かではありませんので追及しないで下さい 

楽しい週末を
いつもありがとう 

よたにポチッとよろしく  (^^)/
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
遊びに来てくださってありがとう、みんな元気で

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

おはようございます(〃^ー^〃)

自分の子供達を見てて思うのですが
今どきの子供達って繋がってないと
不安だというかSNSの中でしか本音が
言えないというか・・
いろんな意味で便利だなって思うんですが
私のような昔人にはついていけないことばかりですよ。

若い時って1つのことしか見えないことが
多いからSNSの中が全てになっちゃうことが
ありますものね。
今日のママさんの記事子供達に読ませよう!!

No title

おはようございます〜
私は、10代じゃないんだけど、(わざわざ言うか!笑)
娘が、中1。
今は、学校から、SNSについての資料や話はいっぱいですよ。
それで、イジメ、トラブルの数は相当あるってことですよね。
娘は、私がブログのコメントを書いてると、
「先生は、インターネットで、知らない人と繋がったらいけないって言ってた!!」と………。何を言っても反抗期。
ブログ、インスタは、娘の前では出来ないです。
私も、完全お休み期間を作ろうかな。。。

No title

よたろうママさんへ

もともと機械類は弱いのでブログで手一杯っす(笑)。
不注意な山猫、携帯はいつも音が出ないように設定。
先週、混雑してるJR快速に乗り新宿で席に座れました。
待ち合わせの場所を確認しようと携帯を出した時
たぶんどこかに触れちゃったみたいでほんのかすかに
音が流れてきて自分のかどうかもわからない程度。
そしたら隣に座ってたおじさんが大声で
「うるせぇーな!」って怒鳴りだして。
あわてた山猫とりあえず電源を切ったけどその間にもまた怒鳴りだして。
最近、キレるおじさん多いですよね。
自分達が使わないものに対して怒りがものすごい。
きっとまわりでみていた若い子はつぶやいたかも知れない。

No title

こんにちは。
色んな問題も有るようですね。
LINEでも集団いじめ・・・
SNSで相手の事を知りすぎて
勘違いして、ストーカー・・・

おいらはパソコン通信の創世記からやってますが、
いまのSNSって怖いと思うことあります。
FBやLINEも登録はしてますが、使ってません(笑)。
難しい問題ですね。

若い人じゃないけど(自己申告)記事見ました(^^;
SNSの長所短所をよく理解して、うまくお付き合いできたらいいんですけどね。
精神的に疲れたら、完全に絶つのも離れる期間を設けるのも必要ですね。

よたくんはママだけ見てるのね~(^^)
そうだよね、他人(犬)と比べたってしょうがないもんね。

トト母さんへ

こんにちは(*^-^*)
みんな、ほとんどのみんながしていると自分は自分とは思えないですよね
そういう社会になってしまった中難しいのでしょう
便利な良い事だけに使えるといいのだけどねえ
若い人にはもっと大きな世界に飛び出していけたらいいなあと思います
そういう私も、こう書いたらどう思われるかなとかいろいろ考えちゃいます
コメントありがとうございました(^^)/

クーたんママさんへ

こんにちは(*^-^*)
あら~、私も10代では無いわよ(笑)
確かにね、私も娘に会った事の無い人の言う事には
嘘があると思っていないといけないよと言っています
難しいよね
若い人にはダメだけど、私の場合は違うのよ、、、
なんて説得力に欠けるよね
生きるのに難しい社会になったものです
コメントありがとうございました(^^)/

山猫さんへ

こんにちは(*^-^*)
私は肩が凝るし目も疲れるから画面を見るのは最小限にしたいの
だけど、仕事柄そうも言ってられないし
私の年頃には老後の趣味と頭の老化防止です
電車の中でそんな事があったのね
怖いね
すべてにおいてギクシャクした社会、余裕の無い社会
もっと優しい社会であって欲しいよね
コメントありがとうございました(^^)/

龍さんへ

こんにちは(*^-^*)
文字だけでは気持ちの行き違いが起こるのは当たり前
でもなかなか面と向かって解決できないみたいです
そういう私もかなりメールに頼っていますもの
娘や息子へもまずはライン
現代子と付き合うには合わせないとね
まあ、連絡だけですが(笑)
コメントありがとうございました(^^)/

プーママンさんへ

こんにちは(*^-^*)
10代では無いのね(笑)
良い所だけ便利に使えるといいのだけれどそうもいきませんね
SNSの中だけよりは現実の社会の方が喜びも大きいものね
よたには私だけ見てもらいましょう
プーちゃんもママンさんだけだよね
コメントありがとうございました(^^)/

No title

あ、しまった、若くないのに読んでしまった(笑)
そうねぇ、若い人は他人と自分を比べすぎる傾向にあるかもね。
そういう時期を過ぎてしまえば、「あら、この人素敵ね」とか
「へー、ためになる!」って、メリットの部分だけを享受できるのだけど。
あと、時間の使い方が若いうちはヘタクソってのもあるかも。
SNSばっかりやってたら、リア充するわけないよね(笑)

雪太郎さんへ

こんばんは(*^-^*)
あははっ、間違えて読んでしまった人いるよー(笑)
私の若い頃は無かったSNS
SNSの面白さも知っている自分だから、もし若い頃にあったら依存しているだろうと思う
ただせっかく何でも出来る若い頃に、気にする必要も無い事で悩むなんてもったいない
嫉妬や何くそーと思う気持ちは成長の過程で大事だけど
雪太郎さんの言う様に、メリットの部分を上手に使えるといいのだけどね
リア充あってのSNSだね
コメントありがとうございました(^^)/

No title

はいはーい! 若い人!っていの一番に書きたかったけど
ようやく今来たわ。

ワタシたちの年代って(勝手にひとくくりにしちゃった)
大体はガラケーで手いっぱい。
とりあえずスマホは持ってるけど、ラインは怖い。
FBのアカウントは持ってるけど(ワタシも)記事をアップしたりはしない。
ブログ? インスタ? 
なんじゃそりゃ…かな。
こんなに情報発信しなくてもって思うこともあるしね。
便利だけど、縛られる気もするしね。
ほんと、若くなくてよかったよ。

そらうみかーたんへ

おはよう(*^-^*)
若い人いらっしゃ~い
娘達の世代の次は私達の世代ですよ~
ひとくくりひとくくり(ひと休みの一休さんかー)
私はよたにチビッコ達に母親の事、部屋の事
日常生活色々時間が取られる事あるけれど
若い頃って全部自分の為の時間があって
それでもってSNSにどっぷりつかっていたら
縛られてしまうだろうなあ
と言うか私の場合、一通り登録していてもついていけて無いだけだけどー(笑)
コメントありがとうございました(^^)/

よたろうママ

よたろうハウスへようこそ!
2007.4.20頃生まれ、2.6㎏
預けられ預けられ今のおうちにやって来た僕よたろう
2013年の1月壊死性髄膜脳炎と診断され、長生きは出来ないかと思ったけれど今は元気
よたろうとママの生活を記録します